FC2ブログ

月400万稼ぐ銀座の最年少ママと不安を抱えて働き続けるガールズバー店員――夜の街で働く24歳の明と暗

銀座 ホステス
有名大学を出れば、普通に一般企業に就職して手堅い人生を送っていくことが大半の人の道だろう。しかし大学を出てホステスになるという選択をする人も増えていると言う。今の大卒ホステス事情の最前線を垣間見る。

「今は……月収で、サラリーマンの方の平均年収くらいもらっています。うしろめたさ? もちろんありますけど、私に『昼の仕事のほうがいいんじゃないの?』って言ってくる人には、『じゃあアナタがホステスやってみれば?』って思っちゃうかな…」

 そう語るのは、現在銀座のクラブ界隈で、お店の女の子を管理する「ママ」の座に最年少で就く、クラブ「Monterey」の桐島とうかさん、24歳。学習院大学卒の彼女は昨年の11月にこのお店でママに就任し、今の銀座の最年少ママとして看板を張っている。

「水商売に足を踏み込んだきっかけは、学生時代の事業の失敗でした。大学1年の時に起業したんですが、上手くいかなくて、その負債を取り戻すためにその年の夏から親に内緒でホステスを始めたんです」

 彼女の両親は共に公務員。堅実な家庭で育った。子育てにも厳しく、高校生時代はアルバイト自体禁止で、水商売なんてもってのほかだったという。

「最初は六本木のクラブで仕事を始めました。週4~5日やって、1か月で200万円ほど稼げたこともあって、事業で失敗した負債はすぐに返済できたんです。お客さんと話して楽しませることに向いていたんだと思う」

 負債は完済したが、ホステスは向いていると感じたとうかさんはそのまま夜の仕事にのめり込んでいくことに。

「もともと稼ぐって行為が好きなんです。稼いだ給料を投資とギャンブルに突っ込んだ時もあるし、負けが込んだ月はそれをガソリンにして、めちゃめちゃに働けましたね(笑)」

ホステス


「結婚したいかどうかって…したいに決まってるじゃないですか(笑) でも合コンをしたとしたら、夜の仕事の話は言えないです。誇りは持ってますけど、引く気持ちもわかるし……」

 結婚はしたいが、今は難しいと感じているそう。最後に仕事においての目標について聞いてみると。

「『お金がそんなに欲しいの?』とか聞かれたときは、じゃあ逆に『いくらあったら足りますか?』って聞き返したくなります。1億円貰ったって、東京でマンション買えばなくなるでしょう。それにこれからは、お金じゃ買えない仕事もしたいです。クラブは企業の方が、日頃の疲れを癒したり、時には重要な商談の場として使われます。だからこそ来てくれる方には、頂戴する金額以上のものを返したい。そうすることで、世間の人が持っている、『夜の仕事は下品』という偏見を変えたいです」

 一方、大学を卒業して水商売を選ぶも、将来に不安を抱えながら働く子もいる。中野区のガールズバーで働くアミさん(仮名)は、年齢はとうかさんと同じ24歳で、都内の有名私立大学を卒業している。

「お姉ちゃんも水商売をやっていた影響で、私も偏見がなく、大学一年生の春から始めました。卒業後は新卒で一度百貨店に就職したんですが、月15万くらいしかもらえなくて。東京で一人では暮らしていけず、ガールズバーに戻りました」

 彼女は週5日出勤して、少ない月でも30万円程を稼いでいたという。それは全て自分で使っていたが、贅沢しているとは思っていなかった。

「卒業後は彼氏の家に転がり込んで、月3万だけ払って住まわせてもらってました。でも百貨店の仕事がきつくて辞めてしまい、夜に戻ってから彼氏と上手くいってないです。別れて引っ越したいけど、貯金なんてしたことないし……。」

 十分な収入はある彼女だが、休みの日には何をしているかと聞くと、淡々とこう答えてくれた。

「夜をやっているせいで、休みの日も昼は寝ているし、起きたら自分のお店に飲みに行っちゃうんです。だからどんどん自分の環境が、狭くなっている気がします。最近楽しかったことは、お店の子と行ったディズニー。それ位かな」

 一般企業の友人と自分を比べてしまうと不安を感じることも多いという。

「同じ店で働く30前半の同僚に指名が減ってゆく様子を横目で見て、自分の将来に感じる不安も増えます。私には『自分の店を持ちたい』っていう目標もないし……。何にも考えていないんです」

 とうかさんにも聞いたように、彼女の将来の夢を聞くと「結婚」だという。

「うちのお店って、辞めていく子は大抵お客さんと結婚して辞めるんです。私もそうやって結婚していくしか、道はないかなって思ってます。ずっとこの仕事をやっていくつもりもないし…てか、できないでしょう。でも、今は辞める理由がないから続けてます。」

 彼女にもとうかさんと同じく、将来について伺った。

「周りの友人も、自分みたいな子は多いです。昼とかけもちしてたけど、いつのまにかこっち一本になって、何となく不安抱えて……。夢とか目標とかって、持つだけでもすごく難しいと思うんです」

 夜の街に夢を見出せたとうかさんと、思い悩むアミさんの明と暗。二人の未来が明るければと、願ってやまない。

ホステス いい女


超有名売れっ子ホステスも数多く在籍する
日本一の高級デリヘルは
ファーストクラスジャパン!



ファーストクラスジャパン公式
TEL:03-6273-0410
ファーストクラスジャパン公式ブログ
↑公式ブログもあわせてご愛読下さい☆
ファーストクラスジャパン公式メルマガ
↑公式メルマガにてお得な情報を配信中☆
ぜひともご登録下さい!

気づけば下半身も梅雨時に?「梅雨はエッチの黄金期」って本当?女子大生に聞いてみた

梅雨 美人


梅雨。
それは全てのやる気が失われる魔の季節。

一歩外に出ようものならお気に入りの服はビショビショ。髪はバサバサ。全国の梅雨嫌いの皆さんから、溜息と共にこんな声が聞こえてきそうです……。

せーのっ!

「なんて日だ!」(両手を突き上げたポーズで)

梅雨はエッチの黄金期!?

関東もいよいよ梅雨入りをし(ちなみに私は東京住みです)、気分がどんどん憂鬱になっているそんな時、私、なんともドキドキする噂を耳にしました。それは……。

「梅雨はエッチの黄金期らしい」

……!?
なんと……なんと破廉恥なセリフなのでしょうか……。
ということでこの噂を調査すべく、今回のテーマは

「果たして梅雨は本当にエッチの黄金期なのか!?」です!

「梅雨の黄金サイクル」が発生!?
そもそもなぜ梅雨が「SEXの黄金期」等と言われるのか、まずは私なりに考えてみました!

「梅雨に入り雨が降っている→雨が降っていると濡れる→濡れたくない→外に出たくない→家に引きこもる→やることがない→ヤる」

と、このような「梅雨の黄金サイクル」が出来上がっているのではないかと推測しました。

では、実際にこの「黄金サイクル」は成立しているのか?
これを検証するために、彼氏持ちの現役女子大生たちに彼氏との「梅雨の黄金サイクル」について聞いてみると……。

「正直ありますね、それ(笑)。わざわざ外に出てもやることがないし、濡れたくないし。だったら家でいいか。みたいな流れになるので、結局家にいたら自然とそうなります(笑)。だって他にやることがないんだもん(笑)」(A大学2年・21歳)

「外にいても一通り用事が済むと、『もう面倒くさいからホテルに行く?』みたいな会話になることが多いです。まあ、相手がすごく色々提案してくれる人ならいいんですけど、雨だとどうしても行動範囲が限られるので……」(S大学3年・22歳)

という答えが。

なるほど。私の推測はあながち間違っていなかったようですね(笑)。

雨降る季節のドキドキ♡エピソード
次に、女子大生たちに、「梅雨のドキドキワンチャン黄金エピソード」について聞いてみました!

「ドキドキって程でもないんですけど……(笑)。男友達と遊ぶ約束をしていたんですけど、梅雨の時期だったので途中から雨が降ってきて、結局私の家でDVDでも観ながら飲もうって話になったんです。彼は実家暮らしで、私は一人暮らしだったので。そして私がディズニー映画が大好きなので、アラジンのDVDを借りて、部屋で観ていたらなんとなくそんな雰囲気になって、結局しちゃいました(笑)」(K大学2年・21歳)

「友人と飲んだ帰りに雨が降ってきて、その時私の家が遠かったので、相手の家に行ったんです。雨で濡れていたからシャワーを浴びて、そのままぐだぐだしていたら夜になって……シャワーを浴びていた解放感と、雨だし帰りたくなかったので、誘われて結局そのまま(笑)」(R大学3年・22歳)

お、おお……。

これぞまさしく「梅雨の黄金エピソード」……(笑)。

雨の多い梅雨時だからこそ生まれる、破廉恥極りないエピソードですね♡

彼女たちの話を聞いていると、「梅雨はSEXの黄金期」という噂もどうやら間違いではないようです……。

さあ、季節は梅雨に入りました!
夏に向けて貯水池だけではなく、心も体もたっぷり梅雨だく♡水分補給しちゃいましょう♡
雨 えろ



梅雨時も、最高に熱い夜は・・・
日本一の高級デリヘル
ファーストクラスジャパンで!



ファーストクラスジャパン公式
TEL:03-6273-0410
ファーストクラスジャパン公式ブログ
↑公式ブログもあわせてご愛読下さい☆
ファーストクラスジャパン公式メルマガ
↑公式メルマガにてお得な情報を配信中☆
ぜひともご登録下さい!

セックスの回数世界一?!フランス人のセックスの特徴12選

フランス SEX


自由な恋愛を好むことで有名なフランス人。そのセックス事情も、回数が多くて激しいイメージがあるという方も多いのではないでしょうか?

全国民が、ということではないのでしょうが、回数だけではなくセックスの所要時間や避妊方法まで、日本人のセックス観とは違ったものが存在するようです。

今回はフランス人のセックスの特徴をご紹介します。

フランス えっち


フランスのセックス事情

コンドームメーカーのDurex 社の調査によると、フランス人の年間平均セックス回数は約120回で、世界TOPクラス(ちなみに1位はギリシャで約140回)。

フランス人はだいたい3,4日に1回している計算ですが、一方、日本は年間平均約40回なので、フランス人は日本人よりも3倍セックスしているようです。

これほどセックスしているフランス人は、日本とは違ったセックス観を持っているはず!

ここからは、そんなフランス人のセックスの特徴についてご紹介します。

特徴1.SEXは楽しむもの

大部分ではありませんが、フランス人のなかには「SEXは楽しむもの」という観念があります。

肉体関係を持ったとしても恋愛関係にまで発展させない、お互い後腐れなく、ゲームのように楽しくひと時を過ごす・・・そんな、日本人から見ればびっくりするような観念です。

特徴2.女性も積極的

SEXにおいて「気持ちよくなること」を大切にしている女性が多いことも特徴的です。

とある調査では性生活への満足度を女性が10点満点で評価した結果では、フランス人女性の平均が7.0点だったのに対し、日本人は5.2点だったとのことです。

女性も男性同様SEXに積極的なことはフランス人の特徴です。

特徴3.SEXは自由なもの

大抵の日本人であれば、出会いから交際、SEXまではある程度の段階を踏んでというのが一般的です。

しかし、フランス人にはそんな面倒くさいものはありません。

お互いのフィーリングさえあれば、出会った初日でも問題なしなんだそう。

特徴4.避妊について

フランスではピルの服用で女性主導の避妊も普及しており、それは日本人とは大きく異なった特徴と言えます。

反対にフランス人男性にはコンドームをつけずにSEXしたがる傾向があり、一夜限りで盛り上がった際には要注意とも言えます。

特徴5.結婚観とは別

フランス人の離婚率は非常に高いことで有名です。パリだと結婚した人の50%が離婚していると言われています。

「愛するパートナーとの間にSEXは不可欠」とするフランスでは、SEX自体は自由ですが、愛を育むためのSEXとなると問題は別のようです。

愛するがゆえにSEXの問題は切り離せず、それによる離婚問題が多くなっていることも特徴です。

特徴6.誠実

愛に対して奔放で性欲が強いというイメージの強いフランスですが、実はその愛は保守的で誠実だとも言われています。

「過去一年間にSEXをした相手」を尋ねたところ、既婚男性の91%、既婚女性の94%が「配偶者一人だけ」と回答。

既婚女性の4人に1人は「不倫経験あり」と答えている日本人とは大違いです。

特徴7.相手に何かを求めない関係

セックスだけのお付き合いは意外と多いようで、恋人に無理やりなるのではなく、お互いの欲望のまま求めるというのが多いんだとか。

男女あいまいな関係のときが一番素敵な時間とまで言う人もいるほど。束縛されたくない人はぜひおすすめです。

特徴8.1回のセックスを長めに

ホテルで時間いっぱい使って何回もセックスするよりも、一回のセックスは丹念にゆっくり1時間くらいかけて行う方がとても充実した気分を味わえます。

回数よりも1回のセックスの質にこだわることで、また次会いたいと強く思わせることができますす。

特徴9.雰囲気が大事

フランス人はとてもロマンチストな方が多いので、雰囲気が一番大事といっても過言ではありません。

服やしぐさを相手の好みに合わせることで、セックス時には情熱的に、また激しくあなたを求めてきますよ♡

特徴10.下着にこだわる

フランス人は美しいものやフォルムなどにこだわりが強いです。

あなたが持っている下着が自分では勝負下着でも相手からしたらげんなりなってしまうものかもしれません。

事前にどういうのがいいのか聞いておけば間違いないでしょう。可能であれば一緒に買いに行くも一つの手ですね。

特徴11.キスに重きを置く

日本人はあまりキスに対して注目を置くことって少ないですよね。フランス人は行為よりもキスのほうが大事と考えてる方が多いようです。

好まれるキスの仕方は軽いソフトなフレンチキスです。

雰囲気からもっていくタイプなので、ディープキスみたいな勢いでするのはあまり好まないようです。

特徴12.約束を無理にしない

今度次いつ会える?なんて聞くのはタブー。お互いが会いたいときに会ってセックスするがフランス流のようです。

彼氏彼女の関係だったとしても、相手に合わせたりしないことが逆にいい関係でいられるのかもしれませんね。

おわりに

フランス人のセックスに対する姿勢や考え方は、日本人と大きく異なっている部分がありますね。

もしフランスの方とお付き合いすることになったら、お互いの国の文化や環境の違いを理解して付き合いましょう。


フレンチせっくす



世界中のセレブご用達
日本一の高級デリヘルは・・・
ファーストクラスジャパン!



ファーストクラスジャパン公式
TEL:03-6273-0410
ファーストクラスジャパン公式ブログ
↑公式ブログもあわせてご愛読下さい☆
ファーストクラスジャパン公式メルマガ
↑公式メルマガにてお得な情報を配信中☆
ぜひともご登録下さい!

フルチン写真が流出したO・ブルーム、インタビューで「オレのチンコについて語る?」とウェルカムな姿勢


オーランドブルーム

「どうする? オレのチンコについて語る?」

人気映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズに10年ぶりに復帰し、ファンを大喜びさせているオーランド・ブルームが、最新インタビューでフルチン姿をパパラッチされたことについて饒舌に語った。

 彼のオールヌード写真が流出したのは昨年8月のこと。太陽がさんさんと降り注ぐ中、一糸まとわぬ姿で当時交際していた歌手ケイティ・ペリーを乗せてパドルボードを漕いでいるところをパパラッチされてしまったのである。オーランドは強い日差しを遮るために帽子をかぶっており、「全裸にソックスならぬ、全裸に帽子だけという情けない姿」「たわわに実った稲のようにだらんと垂れているチンコ」があまりにも笑えるとネット上で話題騒然となったのだ。

 そんなオーランドは、おしゃれに敏感な女性向けの雑誌「ELLE」のイギリス版5月号のインタビューを受けた際、冒頭から「オレのチンコについて語るのかい?」と素敵な笑顔を見せたとのこと。インタビュアーから「それでは」と、彼のチンコでネット上が大興奮状態に陥ったことについての感想を求められると、「そりゃ驚いたよ、すごくね」と即答、「もしこんなことになるってわかっていたら、あんなことしなかったさ」と後悔するそぶりを見せた。

 「(これまで)何百回も何百ものアングルからパパラッチされてるからね。オレのレーダーはびんびんに敏感なのさ」と前置きした上で、「(あの時はパパラッチはおらず)オレたちだけという日が5日間続いたんだ。周りにはなにもなくって、オレたちの姿を(隠れて)撮影することなんて不可能だったんだ」と、油断したからか、はたまたパパラッチが有能だったのか、ご自慢のレーダーがまったく感知しなかったことを説明。

 「女性なら、裸を隠し撮りされた上に、ここまで侮辱されることなどありえないですよね。男性だからって、不公平だと思いませんか?」とインタビュアーはジェンダー方向に話をシフトしかけたのだが、オーランドは「オレはそこまで深刻に捉えなかったけどね」とかわす。そして、「ま、教訓だね。オマエが自由になれることなんて、絶対にないんだっていうね。はっ!」と嘆いてみせた。

 また、このインタビューが行われる6日前にオーランドとケイティの破局報道が流れたことから、ケイティの話題に。元妻ミランダ・カーとはいまなお「子どもの親」として交流を持つなど、女性と後腐れなく別れることが得意だとされるオーランドは、ケイティともうまく別れたようで、「友だちだよ」と、さらっとコメント。ケイティの名前は口にしなかったものの、「いい関係だよ。お互いにもう大人だしね」「別れるからって、嫌いになったわけじゃない―ということを、子どもたちにお手本として見せるべきだと思ってね」ともコメント。

 一方のケイティも破局原因の臆測が飛び交う状況にうんざりし、「2017年は新しい考え方になろうよ。別れた交際相手を愛し、友だちであり続けることだってできるんだよ! 被害者も加害者もいない。マジ、いいかげんにしてくれない!」とツイート。2人とも嫌いになって別れたわけではないことを強調している。

 仕事に関しては「顔にシワができるのが楽しみなんだ」「これからの10年間がすごく楽しみ。40歳から50歳の間に最高におもしろい仕事をする俳優が多いからね。オレもやってみたいぜ!」と熱く語った。

 今回のインタビューは、オーランドの穏やかな性格がうかがえたと好評。フルチン露出男という汚名を見事返上した形となった。オーランドが10年ぶりに復帰する『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』は日本では7月1日に公開される予定。40歳になったオーランドの味のある演技にぜひとも注目してもらいたい。


世界中のセレブご用達
日本一の高級デリヘルは・・・
ファーストクラスジャパン!



ファーストクラスジャパン公式
TEL:03-6273-0410
ファーストクラスジャパン公式ブログ
↑公式ブログもあわせてご愛読下さい☆
ファーストクラスジャパン公式メルマガ
↑公式メルマガにてお得な情報を配信中☆
ぜひともご登録下さい!

一夫多妻制のエロハーレムが合法化された町で、本当の幸せは見つけられるか? エロくて泣ける、新感覚の“婚活”マンガ『ハレ婚。』


ハレ婚
「幸せにするよ……三人目だけど」。つきあう男はことごとく既婚者、男を見る目のなさに絶望し、4年ぶりに地元に帰ってきた小春。そんな“既婚者ハンター”の彼女にプロポーズしたのは、やっぱり既婚者の怪しい男だった! 一夫多妻制のハーレム婚――略して“ハレ婚”が条例で施行されたその町で、小春は真の幸せを見つけられるのか。『ハレ婚。』(NON/講談社)は、ちょっとエロくて、ちょっと泣ける、新感覚の“婚活”マンガだ。

 あのゼクシィでさえ「結婚しなくても幸せになれるこの時代」と銘打つ昨今。それでも大好きな人と愛し愛される“幸せなお嫁さん”を夢見る女子は少なくない。主人公の小春もその一人。それなのに、仕事はうまくいかず、恋も前述のていたらく。逃げ帰ってきた実家では、父の病気と借金が判明し、実家の喫茶店はたたむことに……とふんだりけったり。

 そんな彼女との出会いを泣いて喜び、プロポーズしたのが長髪のイケメン(だがかなり変態ちっくで怪しい)伊達龍之介だった。どうやら以前から小春のことを知っているらしい彼は、家を売って3000万円を捻出してまで、小春と結婚したいという。巨乳美女のゆずと、しとやかな美女・まどかに続く3人目の妻として。

 と、ここまで聞くと、なんだその男に都合のいいエロハーレムは! と腹立つ女性読者もいるかもしれない。もちろん、絵柄だけでなくエロい描写も多々さしこまれるのでそういう面はなきにしもあらずだが、騙されたと思って一度読んでみてほしい。不思議とそんな感情はわかないはずだ。

 理由の一つには、小春がただの“借金のために身売りさせられたかわいそうな娘”ではなく、むしろ立場は下のはずなのに自分の意見はまるでひっこめない、自由そのものだからかもしれない。彼女はとにかく、言い方はわるいが浅はかだ。実家を救うためになにをするかといえばただ店に立ってみるだけ。コーヒーの淹れ方ひとつ勉強しないし、小金を稼ぎに働くわけでもない。さらにはお金だけ受け取って、さっさと離婚すればいいかと悪びれもせずに思いつくほどの狡賢さも備えている。とにかく自分に正直すぎるのだ。いやなことはいや。好きになったら好き。だから痛い目を見ても、決して懲りることはない。友達になりたくない相手ではあるが、それって実は誰もがもつ本音だよなあ、と思ってしまうから、憎み切ることもできないのがちょっと悔しい。

 そんな小春に、龍之介は言う。「あいかわらずキミは可愛いだけの女だね」「美しいと同時に見苦しくもあるよね…無自覚な若い女って」。まったくもってそのとおりである。だから、一夫多妻なんて感情的には拒絶したいはずなのに、龍之介やその妻たちの言っていることのほうが正論に聞こえてついついうなずいてしまうのだ。

 龍之介にも、ゆずにもまどかにもあって、小春にないもの。それは覚悟だ。誰になんと言われようと、すべての妻を平等に愛する覚悟。愛する龍之介と添い遂げる覚悟。たとえ愛する人が別の女と夜の営みに励んでいるのを目の当たりにしても、それさえ受け入れる覚悟。自分の幸せは自分で決める、その腹をくくった姿勢があるから、3人はお互いを思いやり一つ屋根の下で暮らすことができる。

 だが、小春にはそれができない。

 こんなのおかしい。結婚するなら好きな人とがいい。誰かにとって、たった一人の特別になりたい。理想を声高に叫ぶだけで、行動がともなわない。そんな彼女に龍之介たちはつきつけるのだ。――幸せって、なに? と。

 もちろん小春の言っていることは理解できる。隣の部屋で別の妻とセックスしている声を聞いたその翌日に、同じ男と一緒に寝るなんてことが、受け入れられないのは無理もない。だが、覚悟のない人間に、なにも言う資格はない。奇妙な一夫多妻生活を経て、小春は少しずつ、ほんの少しずつだがそれを学び、他人を本当の意味で思いやることを知っていくのだ。

 龍之介の言葉にこんなものがある。「たとえば僕が(RPGのパーティにおける)“遊び人”で、仲間に“僧侶”と“魔法使い”がいたとしたら、あと1人は“武闘家”が欲しいでしょ?」

 人生は旅。旅は冒険。その冒険を進むには、3人の妻が全員必要なんだという龍之介。結婚だけが幸せではない今だからこそ、一夫多妻の彼らを通じて、本当の幸せとはなにかを見つめなおせるのかもしれない。


ハレ婚

日本一の高級デリヘル
ファーストクラスジャパンなら・・・
リアルなハーレムプレイが楽しめます☆


ファーストクラスジャパン
TEL:03-6273-0410

ファーストクラスジャパン公式ブログ
↑公式ブログもあわせてご愛読下さい☆

ファーストクラスジャパン公式メルマガ
↑公式メルマガにてお得な情報を配信中☆
ぜひともご登録下さい☆
プロフィール

ファーストクラスジャパン

Author:ファーストクラスジャパン
日本一高い風俗最高級デリヘルファーストクラスジャパンブログ

First Class Japan(ファーストクラスジャパン)は、日本で1番の風俗・デリバリーヘルスを目標とし、日本国内でも最高の最上級の女性でお客様をおもてなしさせて頂く風俗店でございます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR