FC2ブログ

締まりの良い女性を外見から見極める方法

天然あわび
「人は見た目ではない」という。容姿や体型、服装などで、相手がどういう人かを決めつけてしまうのではなく、性格や価値観で判断せよ、ということなのだろう。一方で、それはきれいごとだと言う人もいる。なんだかんだ言っても、第一印象は大事で、容姿や体型、服装などに、ある程度その人物の本質が出ているという考え方だ。そういえば、「四十過ぎたら自分の顔に責任を持て」という言葉がある。奴隷解放宣言で有名な、アメリカ合衆国大統領リンカーンの名言だ。彼は、閣僚を「顔」で選んでいたという俗説もあるが、確かにある程度の年齢に達すると、これまでの人生や考え方が顔のシワに刻み込まれているというのも一理あるだろう。

 我々一般人は、大統領ではないので、リンカーンのように閣僚を選ぶというような判断を求められることはない。だが、健全な成人男子として、セックス相手を選ぶという機会は、多かれ少なかれ訪れるものだ。ところで、セックスに際して、重要な二本柱といったら、なんといってもオッパイとアソコである。オッパイは、服の上からでもなんとなく大きさやカタチを連想することは出来るが、難しいのは下半身のほう。どれほどの締まり具合か、確かめる術はないものだろうか? 

 オトコの場合、ペニスのサイズは、鼻の大きさに比例しているという俗説がはびこっている。もちろん、医学的には何の根拠もない。では何故、こんなにも「ペニスのサイズ=鼻の大きさ」という俗説が一人歩きしてしまったのかというと、その出どころは人相学にあった。人相学の観点から見ると、顔の中心に位置している鼻は、自分自身の中心であり、それはつまりペニスを象徴している、と考えるようだ。確かに、顔のパーツの中で、唯一突き出ている形状の「鼻」にペニスを象徴させるのは、人相学的には自然なのかもしれない。ただし、人相学でも、「鼻のサイズ=ペニスの大きさ」という見方はしていないようだ。大きさよりも、むしろスタミナや精力が強いとされている。鼻が大きい男性は是非、自身が一晩に何回できるかお試しいただきたいものだ。

 ほか、指の長さ・顔の大きさ・足のサイズ・手の大きさなど、真偽のほどはさておき、ペニスサイズを外見から見極める俗説は実に多い。もっとわかりやすいところでは、「身長の高い男性は、ペニスサイズもおのずと比例する」という人もいる。女性からのクチコミで面白かったのが、「態度のデカい男性は、ペニスもデカい」という意見。イケメンというわけでもなく、仕事ができるわけでもなく、金回りがいいわけでもないのにやたら自信に満ちている男性は、ペニスに自信があるため、デカい態度をとっているのではないか、とのこと。しかし、よくよく考えたら、「ペニスのサイズは気にしない」という女性がほとんどなのだから、外見から見極める必要はないだろう。

 では、肝心の、「アソコの締まり具合の見極め方」であるが、こちらは「足首が締まっている女性は、アソコも締まっている」という俗説が有名だ。そういえば、足が細いからといって、足首が締まっているというわけではないようで、足が太くても何故か足首は締まっている女性もちらほら見かける。女性の足首は、生殖器の健康状態が表れる部分という見方もあるので、参考にするのも良いだろう。とはいえ、最近は足首が隠れてしまうマキシ丈スカートの流行で、女性の足首を確認するのが難しくなってきた。

 足首以外に、アソコの締まり具合の目安になる部位はないのだろうか? 一般男性の声を集めたところ、「ヒップの締まり具合と、アソコの締まり具合は比例しているような気がする」とのこと。理屈としては、アソコの締まりとは、要するに筋肉が締まっているか否かということなので、性器の真後ろに位置するヒップが引き締まっていれば、たいていはアソコの締まりも良いとのことだった。

 ところで、アダルトビデオでは、女優がイキそうになると、男優が「すごく締まってきているよ」などと言ったりするが、実際は逆である。バルーン現象といって、女性はオーガズムが高まると、膣の奥が広がって、精子を子宮に取り込もうとするものだ。これまたアダルトビデオのセリフでよく聞く、「子宮が降りてきている!」という現象のこと。よって、ピストン運動のさいちゅうに、「奥のほうの締めつけ感がなくなってきたな?」と思ったら、それは貴方のペニスで女性が感じている証しなのだ。

 女性を感じさせるためには、膣の奥が広がるバルーン現象はさておき、膣口は締まっているに越したことはない。そのためにも、ヒップの引き締まった女性へのアプローチは、大いに試す価値アリといえるだろう。


締まり



日本一エロく
日本一美しい美女の集まる
日本一の高級デリヘルは
ファーストクラスジャパン!



ファーストクラスジャパン公式
TEL:03-6273-0410
ファーストクラスジャパン公式ブログ
↑公式ブログもあわせてご愛読下さい☆
ファーストクラスジャパン公式メルマガ
↑公式メルマガにてお得な情報を配信中☆
ぜひともご登録下さい!

モテの条件はビッチ? やさしい=エロい!? 江戸時代の恋愛事情

江戸 えろ
男女問わず、「どんな人がタイプ?」と聞かれたら「優しい人」と答える人は多いはず。
優しさの定義についての細かいことは抜きにしても、誰だって大切に扱われたらうれしいものですよね。

まあ、時にはその優しさが誤解を招き、好きでもない相手に勘違いされてしまう、なんてこともあるわけですが。

やさしい女はエロかった?

現代女性に求められているのは「細やかな気遣い」や「おおらかに包み込む優しさ」ではないでしょうか。
それが簡単にできりゃ苦労はしないのよ…なんて思いは、ひとまず置いといて。

昔々…江戸時代以前における女性にも、当然優しさが求められたわけですが、当時の「やさしさ」という表現は、「艶」という意味合いがとても強かったのだそうです。

え?それってもしかして、エロい女が好まれたってこと?
「艶」という漢字の成り立ちそのものが情事を示しているくらいですから、当時のモテ女は相当お盛んだったに違いありません。

いい女は「好色」な女?

日本史学者・中野節子氏の著書『女はいつからやさしくなくなったか 江戸の女性史』(平凡社)によると、江戸時代初期までの「やさしい女」とは

・ 気高く
・ 風流や雅を理解し
・ 人の機微に敏感で
・ 男性の誘いを無下に断らず
・ 恋愛の趣や情事を楽しむ

そんな女性だったそうです。

「好色」という言葉も、現代では「ふしだら」という悪いイメージで使われますが、この時代には「いい女」の条件であり、こうした粋な女性を表す言葉だったとか。

家庭的であるかどうかなんて問題視されてはいず、とにかく風流を解するかどうか、恋愛やエッチを楽しめるかどうか、に重きが置かれていたのだそう。

現代もこういう女性はいるにはいるのでしょうが…一部の男性には受け入れられないかもしれませんね。

時代で変わる女性のポジション

さて、江戸中期になると、儒教の影響でそんな「エロ優しい」女性はイカン、ということになってきます。女は貞淑!結婚したら倹約に励んで家を守り、夫や家族に尽くすべきだ、と。

そして、明治維新で西洋の価値観が入ってくると、今度は「結婚するまで処女!一生を一人の男に捧げるべし」「男は外で働き、女は家を守る」みたいな、「貞節」「貞淑」「女=家の存続のための存在」という考え方が根付きました。

歌を詠み、楽器を嗜むよりも、家事炊事裁縫!男性の三歩後ろを歩き、恋愛だってひたすら受け身(与謝野晶子など例外もいますが)。

こうして、徐々に女性はかつての「やさしさ=艶」を失い、代わりにおっかさん的な「強さ・したたかさ」を身につけていったのでしょう。

これからの女性の在り方は?

そして現代。抑圧された明治以降から、戦後のウーマンリブを経て、女性はますます強くなりました。そんな中、今時の男性たちは、いわゆる「母性」に近い優しさを求めているのではないでしょうか。

・ 家庭的で
・ 弱っている時には励ましてくれて
・ 放っておいてほしい時にはそっと見守り
・ どんな時も笑っていてほしい

さらに、自分の前だけでエロければなお良し!みたいな。

大人になって母親に甘えられなくなった男性が、恋人(またはその候補)に母性を求めるのは、当然といえば当然のこと。
そのうえで、お母さんにはないエロさが求められるのもまた然り、とでも考えることにしましょうか。
母性の影に見え隠れする艶っぽさなんて、絶対モテるに違いない!

ということで、「気遣い」やら「明るいおおらかさ」やらがデフォルトで求められる昨今ですが、やっぱりそれだけじゃつまらない。

他と差をつけて多面的な印象を与えるなら、これまでとはちょっと視点を変え、昔の人に倣った「風流なエロさ」を取り入れてみるのもいいかもしれません。

大江戸エロス



時は平成・・・
日本一エロく
日本一美しい美女の集まる
日本一の高級デリヘルは
ファーストクラスジャパン!



ファーストクラスジャパン公式
TEL:03-6273-0410
ファーストクラスジャパン公式ブログ
↑公式ブログもあわせてご愛読下さい☆
ファーストクラスジャパン公式メルマガ
↑公式メルマガにてお得な情報を配信中☆
ぜひともご登録下さい!

月400万稼ぐ銀座の最年少ママと不安を抱えて働き続けるガールズバー店員――夜の街で働く24歳の明と暗

銀座 ホステス
有名大学を出れば、普通に一般企業に就職して手堅い人生を送っていくことが大半の人の道だろう。しかし大学を出てホステスになるという選択をする人も増えていると言う。今の大卒ホステス事情の最前線を垣間見る。

「今は……月収で、サラリーマンの方の平均年収くらいもらっています。うしろめたさ? もちろんありますけど、私に『昼の仕事のほうがいいんじゃないの?』って言ってくる人には、『じゃあアナタがホステスやってみれば?』って思っちゃうかな…」

 そう語るのは、現在銀座のクラブ界隈で、お店の女の子を管理する「ママ」の座に最年少で就く、クラブ「Monterey」の桐島とうかさん、24歳。学習院大学卒の彼女は昨年の11月にこのお店でママに就任し、今の銀座の最年少ママとして看板を張っている。

「水商売に足を踏み込んだきっかけは、学生時代の事業の失敗でした。大学1年の時に起業したんですが、上手くいかなくて、その負債を取り戻すためにその年の夏から親に内緒でホステスを始めたんです」

 彼女の両親は共に公務員。堅実な家庭で育った。子育てにも厳しく、高校生時代はアルバイト自体禁止で、水商売なんてもってのほかだったという。

「最初は六本木のクラブで仕事を始めました。週4~5日やって、1か月で200万円ほど稼げたこともあって、事業で失敗した負債はすぐに返済できたんです。お客さんと話して楽しませることに向いていたんだと思う」

 負債は完済したが、ホステスは向いていると感じたとうかさんはそのまま夜の仕事にのめり込んでいくことに。

「もともと稼ぐって行為が好きなんです。稼いだ給料を投資とギャンブルに突っ込んだ時もあるし、負けが込んだ月はそれをガソリンにして、めちゃめちゃに働けましたね(笑)」

ホステス


「結婚したいかどうかって…したいに決まってるじゃないですか(笑) でも合コンをしたとしたら、夜の仕事の話は言えないです。誇りは持ってますけど、引く気持ちもわかるし……」

 結婚はしたいが、今は難しいと感じているそう。最後に仕事においての目標について聞いてみると。

「『お金がそんなに欲しいの?』とか聞かれたときは、じゃあ逆に『いくらあったら足りますか?』って聞き返したくなります。1億円貰ったって、東京でマンション買えばなくなるでしょう。それにこれからは、お金じゃ買えない仕事もしたいです。クラブは企業の方が、日頃の疲れを癒したり、時には重要な商談の場として使われます。だからこそ来てくれる方には、頂戴する金額以上のものを返したい。そうすることで、世間の人が持っている、『夜の仕事は下品』という偏見を変えたいです」

 一方、大学を卒業して水商売を選ぶも、将来に不安を抱えながら働く子もいる。中野区のガールズバーで働くアミさん(仮名)は、年齢はとうかさんと同じ24歳で、都内の有名私立大学を卒業している。

「お姉ちゃんも水商売をやっていた影響で、私も偏見がなく、大学一年生の春から始めました。卒業後は新卒で一度百貨店に就職したんですが、月15万くらいしかもらえなくて。東京で一人では暮らしていけず、ガールズバーに戻りました」

 彼女は週5日出勤して、少ない月でも30万円程を稼いでいたという。それは全て自分で使っていたが、贅沢しているとは思っていなかった。

「卒業後は彼氏の家に転がり込んで、月3万だけ払って住まわせてもらってました。でも百貨店の仕事がきつくて辞めてしまい、夜に戻ってから彼氏と上手くいってないです。別れて引っ越したいけど、貯金なんてしたことないし……。」

 十分な収入はある彼女だが、休みの日には何をしているかと聞くと、淡々とこう答えてくれた。

「夜をやっているせいで、休みの日も昼は寝ているし、起きたら自分のお店に飲みに行っちゃうんです。だからどんどん自分の環境が、狭くなっている気がします。最近楽しかったことは、お店の子と行ったディズニー。それ位かな」

 一般企業の友人と自分を比べてしまうと不安を感じることも多いという。

「同じ店で働く30前半の同僚に指名が減ってゆく様子を横目で見て、自分の将来に感じる不安も増えます。私には『自分の店を持ちたい』っていう目標もないし……。何にも考えていないんです」

 とうかさんにも聞いたように、彼女の将来の夢を聞くと「結婚」だという。

「うちのお店って、辞めていく子は大抵お客さんと結婚して辞めるんです。私もそうやって結婚していくしか、道はないかなって思ってます。ずっとこの仕事をやっていくつもりもないし…てか、できないでしょう。でも、今は辞める理由がないから続けてます。」

 彼女にもとうかさんと同じく、将来について伺った。

「周りの友人も、自分みたいな子は多いです。昼とかけもちしてたけど、いつのまにかこっち一本になって、何となく不安抱えて……。夢とか目標とかって、持つだけでもすごく難しいと思うんです」

 夜の街に夢を見出せたとうかさんと、思い悩むアミさんの明と暗。二人の未来が明るければと、願ってやまない。

ホステス いい女


超有名売れっ子ホステスも数多く在籍する
日本一の高級デリヘルは
ファーストクラスジャパン!



ファーストクラスジャパン公式
TEL:03-6273-0410
ファーストクラスジャパン公式ブログ
↑公式ブログもあわせてご愛読下さい☆
ファーストクラスジャパン公式メルマガ
↑公式メルマガにてお得な情報を配信中☆
ぜひともご登録下さい!

セックスの回数世界一?!フランス人のセックスの特徴12選

フランス SEX


自由な恋愛を好むことで有名なフランス人。そのセックス事情も、回数が多くて激しいイメージがあるという方も多いのではないでしょうか?

全国民が、ということではないのでしょうが、回数だけではなくセックスの所要時間や避妊方法まで、日本人のセックス観とは違ったものが存在するようです。

今回はフランス人のセックスの特徴をご紹介します。

フランス えっち


フランスのセックス事情

コンドームメーカーのDurex 社の調査によると、フランス人の年間平均セックス回数は約120回で、世界TOPクラス(ちなみに1位はギリシャで約140回)。

フランス人はだいたい3,4日に1回している計算ですが、一方、日本は年間平均約40回なので、フランス人は日本人よりも3倍セックスしているようです。

これほどセックスしているフランス人は、日本とは違ったセックス観を持っているはず!

ここからは、そんなフランス人のセックスの特徴についてご紹介します。

特徴1.SEXは楽しむもの

大部分ではありませんが、フランス人のなかには「SEXは楽しむもの」という観念があります。

肉体関係を持ったとしても恋愛関係にまで発展させない、お互い後腐れなく、ゲームのように楽しくひと時を過ごす・・・そんな、日本人から見ればびっくりするような観念です。

特徴2.女性も積極的

SEXにおいて「気持ちよくなること」を大切にしている女性が多いことも特徴的です。

とある調査では性生活への満足度を女性が10点満点で評価した結果では、フランス人女性の平均が7.0点だったのに対し、日本人は5.2点だったとのことです。

女性も男性同様SEXに積極的なことはフランス人の特徴です。

特徴3.SEXは自由なもの

大抵の日本人であれば、出会いから交際、SEXまではある程度の段階を踏んでというのが一般的です。

しかし、フランス人にはそんな面倒くさいものはありません。

お互いのフィーリングさえあれば、出会った初日でも問題なしなんだそう。

特徴4.避妊について

フランスではピルの服用で女性主導の避妊も普及しており、それは日本人とは大きく異なった特徴と言えます。

反対にフランス人男性にはコンドームをつけずにSEXしたがる傾向があり、一夜限りで盛り上がった際には要注意とも言えます。

特徴5.結婚観とは別

フランス人の離婚率は非常に高いことで有名です。パリだと結婚した人の50%が離婚していると言われています。

「愛するパートナーとの間にSEXは不可欠」とするフランスでは、SEX自体は自由ですが、愛を育むためのSEXとなると問題は別のようです。

愛するがゆえにSEXの問題は切り離せず、それによる離婚問題が多くなっていることも特徴です。

特徴6.誠実

愛に対して奔放で性欲が強いというイメージの強いフランスですが、実はその愛は保守的で誠実だとも言われています。

「過去一年間にSEXをした相手」を尋ねたところ、既婚男性の91%、既婚女性の94%が「配偶者一人だけ」と回答。

既婚女性の4人に1人は「不倫経験あり」と答えている日本人とは大違いです。

特徴7.相手に何かを求めない関係

セックスだけのお付き合いは意外と多いようで、恋人に無理やりなるのではなく、お互いの欲望のまま求めるというのが多いんだとか。

男女あいまいな関係のときが一番素敵な時間とまで言う人もいるほど。束縛されたくない人はぜひおすすめです。

特徴8.1回のセックスを長めに

ホテルで時間いっぱい使って何回もセックスするよりも、一回のセックスは丹念にゆっくり1時間くらいかけて行う方がとても充実した気分を味わえます。

回数よりも1回のセックスの質にこだわることで、また次会いたいと強く思わせることができますす。

特徴9.雰囲気が大事

フランス人はとてもロマンチストな方が多いので、雰囲気が一番大事といっても過言ではありません。

服やしぐさを相手の好みに合わせることで、セックス時には情熱的に、また激しくあなたを求めてきますよ♡

特徴10.下着にこだわる

フランス人は美しいものやフォルムなどにこだわりが強いです。

あなたが持っている下着が自分では勝負下着でも相手からしたらげんなりなってしまうものかもしれません。

事前にどういうのがいいのか聞いておけば間違いないでしょう。可能であれば一緒に買いに行くも一つの手ですね。

特徴11.キスに重きを置く

日本人はあまりキスに対して注目を置くことって少ないですよね。フランス人は行為よりもキスのほうが大事と考えてる方が多いようです。

好まれるキスの仕方は軽いソフトなフレンチキスです。

雰囲気からもっていくタイプなので、ディープキスみたいな勢いでするのはあまり好まないようです。

特徴12.約束を無理にしない

今度次いつ会える?なんて聞くのはタブー。お互いが会いたいときに会ってセックスするがフランス流のようです。

彼氏彼女の関係だったとしても、相手に合わせたりしないことが逆にいい関係でいられるのかもしれませんね。

おわりに

フランス人のセックスに対する姿勢や考え方は、日本人と大きく異なっている部分がありますね。

もしフランスの方とお付き合いすることになったら、お互いの国の文化や環境の違いを理解して付き合いましょう。


フレンチせっくす



世界中のセレブご用達
日本一の高級デリヘルは・・・
ファーストクラスジャパン!



ファーストクラスジャパン公式
TEL:03-6273-0410
ファーストクラスジャパン公式ブログ
↑公式ブログもあわせてご愛読下さい☆
ファーストクラスジャパン公式メルマガ
↑公式メルマガにてお得な情報を配信中☆
ぜひともご登録下さい!

一夫多妻制のエロハーレムが合法化された町で、本当の幸せは見つけられるか? エロくて泣ける、新感覚の“婚活”マンガ『ハレ婚。』


ハレ婚
「幸せにするよ……三人目だけど」。つきあう男はことごとく既婚者、男を見る目のなさに絶望し、4年ぶりに地元に帰ってきた小春。そんな“既婚者ハンター”の彼女にプロポーズしたのは、やっぱり既婚者の怪しい男だった! 一夫多妻制のハーレム婚――略して“ハレ婚”が条例で施行されたその町で、小春は真の幸せを見つけられるのか。『ハレ婚。』(NON/講談社)は、ちょっとエロくて、ちょっと泣ける、新感覚の“婚活”マンガだ。

 あのゼクシィでさえ「結婚しなくても幸せになれるこの時代」と銘打つ昨今。それでも大好きな人と愛し愛される“幸せなお嫁さん”を夢見る女子は少なくない。主人公の小春もその一人。それなのに、仕事はうまくいかず、恋も前述のていたらく。逃げ帰ってきた実家では、父の病気と借金が判明し、実家の喫茶店はたたむことに……とふんだりけったり。

 そんな彼女との出会いを泣いて喜び、プロポーズしたのが長髪のイケメン(だがかなり変態ちっくで怪しい)伊達龍之介だった。どうやら以前から小春のことを知っているらしい彼は、家を売って3000万円を捻出してまで、小春と結婚したいという。巨乳美女のゆずと、しとやかな美女・まどかに続く3人目の妻として。

 と、ここまで聞くと、なんだその男に都合のいいエロハーレムは! と腹立つ女性読者もいるかもしれない。もちろん、絵柄だけでなくエロい描写も多々さしこまれるのでそういう面はなきにしもあらずだが、騙されたと思って一度読んでみてほしい。不思議とそんな感情はわかないはずだ。

 理由の一つには、小春がただの“借金のために身売りさせられたかわいそうな娘”ではなく、むしろ立場は下のはずなのに自分の意見はまるでひっこめない、自由そのものだからかもしれない。彼女はとにかく、言い方はわるいが浅はかだ。実家を救うためになにをするかといえばただ店に立ってみるだけ。コーヒーの淹れ方ひとつ勉強しないし、小金を稼ぎに働くわけでもない。さらにはお金だけ受け取って、さっさと離婚すればいいかと悪びれもせずに思いつくほどの狡賢さも備えている。とにかく自分に正直すぎるのだ。いやなことはいや。好きになったら好き。だから痛い目を見ても、決して懲りることはない。友達になりたくない相手ではあるが、それって実は誰もがもつ本音だよなあ、と思ってしまうから、憎み切ることもできないのがちょっと悔しい。

 そんな小春に、龍之介は言う。「あいかわらずキミは可愛いだけの女だね」「美しいと同時に見苦しくもあるよね…無自覚な若い女って」。まったくもってそのとおりである。だから、一夫多妻なんて感情的には拒絶したいはずなのに、龍之介やその妻たちの言っていることのほうが正論に聞こえてついついうなずいてしまうのだ。

 龍之介にも、ゆずにもまどかにもあって、小春にないもの。それは覚悟だ。誰になんと言われようと、すべての妻を平等に愛する覚悟。愛する龍之介と添い遂げる覚悟。たとえ愛する人が別の女と夜の営みに励んでいるのを目の当たりにしても、それさえ受け入れる覚悟。自分の幸せは自分で決める、その腹をくくった姿勢があるから、3人はお互いを思いやり一つ屋根の下で暮らすことができる。

 だが、小春にはそれができない。

 こんなのおかしい。結婚するなら好きな人とがいい。誰かにとって、たった一人の特別になりたい。理想を声高に叫ぶだけで、行動がともなわない。そんな彼女に龍之介たちはつきつけるのだ。――幸せって、なに? と。

 もちろん小春の言っていることは理解できる。隣の部屋で別の妻とセックスしている声を聞いたその翌日に、同じ男と一緒に寝るなんてことが、受け入れられないのは無理もない。だが、覚悟のない人間に、なにも言う資格はない。奇妙な一夫多妻生活を経て、小春は少しずつ、ほんの少しずつだがそれを学び、他人を本当の意味で思いやることを知っていくのだ。

 龍之介の言葉にこんなものがある。「たとえば僕が(RPGのパーティにおける)“遊び人”で、仲間に“僧侶”と“魔法使い”がいたとしたら、あと1人は“武闘家”が欲しいでしょ?」

 人生は旅。旅は冒険。その冒険を進むには、3人の妻が全員必要なんだという龍之介。結婚だけが幸せではない今だからこそ、一夫多妻の彼らを通じて、本当の幸せとはなにかを見つめなおせるのかもしれない。


ハレ婚

日本一の高級デリヘル
ファーストクラスジャパンなら・・・
リアルなハーレムプレイが楽しめます☆


ファーストクラスジャパン
TEL:03-6273-0410

ファーストクラスジャパン公式ブログ
↑公式ブログもあわせてご愛読下さい☆

ファーストクラスジャパン公式メルマガ
↑公式メルマガにてお得な情報を配信中☆
ぜひともご登録下さい☆
プロフィール

ファーストクラスジャパン

Author:ファーストクラスジャパン
日本一高い風俗最高級デリヘルファーストクラスジャパンブログ

First Class Japan(ファーストクラスジャパン)は、日本で1番の風俗・デリバリーヘルスを目標とし、日本国内でも最高の最上級の女性でお客様をおもてなしさせて頂く風俗店でございます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR